index / exhibitions / artists /shop / map / information

作品保存上の注意

温度と湿度

a. 作品を飾る室内温度は15°〜24°. 湿度は40%〜50% が望ましいと思います。
  (日本は湿度が高いので、特に紙の作品(版画、水彩、ドローイング等)は湿気を吸いやすく、紙の伸縮やカビの   繁殖や、黄変が起きる事があります)

b. 作品を移動する時は、急速な温度変化を与えないようにして下さい。

c.相対湿度が低くなると(30%以下)変形したり、もろくなったりします。

   ※エアコンや浴室の付近は避けて下さい。  

光の影響

a. 直射日光が当たらないようカーテンや、不透明な窓ガラスなどで遮断する。
  (紫外線が紙を変色させ、作品の顔料の色を退色させる。
    赤外線が紙の伸縮に影響し、もろくする原因となる )

b. 蛍光灯を出来れば白熱灯に変え、作品から1m以上離すようにする。

※作品を時々掛け換えるのが、ストック作品にとっても理想的です。お客様の気分転換にもなります。   

酸の影響
a. 額装する時は、紙そのものが酸性になり、セルロース分子が破壊され、もろくなるので、中性紙のマット紙を使う。

b. 作品が直接触れる紙、マット、接着剤、テープなどは、無酸性、中性のものを使用する。
シートで保存する時は
a.  作品と作品の間に入れる紙は薄紙を使い、油性のインクを用いて刷った版画などはパラフィン紙か、
   トレーシングぺーパーを利用してたとう等に入れ、立てて保存。

b. 1年に2回位作品チェックも兼ね、風通しのため、虫干ししたり、作品を掛け換えたりするとよいでしょう。