SHINOHARA YOSHIKO
 


ひとつの例として、天気予報の情報だけで

今日の天気を簡単に処理してゆくということ。

この時節約されたように感じる時間を当たり前の

ものとして受け入れ、流れてゆく現代の人の 生活がある。

けれども、ここに零れてゆくままの方向を持つ人間の

感覚能力に疑念を抱くことがある。

太古の人々の生活や感覚に戻ることを求めているのではないが

作品の中にその風を感じることで

現代に生きる人間が、向かっている方向を改めて考える

時を共に持つことが出来るのではないかと思う。


篠原 芳子