『持続するイメージ』

“continuous image”



これ以上表現しようがないというような限界が常にある。

 知り得るあらゆる手段を使い尽くしたと思われるときにも、

そこには私自身の思考の枠がある。

 しかし、そのボーダーを超えるまで向き合い続けると、

初めて顕れる臨界ともいえる世界に未知の領域がある。

 それは事物の媒介として、私全体がはたらく時に発生するイメージの表出である。
 
 未知であるのに未知ではない感覚。
 
 つまり、自身の経験や感情が集積されて層となり、

遡及を繰り返すうちにボーダーや点として刻まれた臨界の痕跡は

確かなメルクマールとして存在する。

 そして私はイメージの中に次なるメルクマールを印している。

 イメージは私の内部に持続し、芸術の本質を希求してやまない。

 
 篠原 猛史
 
 2019年





back