index / exhibitions / artists / shopping / map / information / contact

gallery calender/画廊カレンダー

order of artists/作家にオーダー knowledge of the work/ワンポイントアドバイス about us / 画廊概要



二木 直巳 のお知らせ   Futaki Naomi News 


2014年に二木直巳の個展を開催した小杉放庵記念日光美術館で2月17日から「1950年代から現代へ」と題しまして、

二木を含め総勢40名以上の作家による風景の展覧会です.是非、足をお運び下さいませ.



コレクションの20年I 風景画いろいろ

小杉放菴記念日光美術館


2018年1月1日[月・祝]〜2月12日[月・祝]



本展は、「日光の社寺を描いた水彩画」「小杉放菴の風景画」「国立公園絵画」の3つのコレクションを軸に、洋画・日本画、さらには真景図・山水図と、ジャンルを超えて描かれた近代日本の風景画を、日光と小杉放菴を起点に紹介します。


会期:2018年1月1日(月・祝)〜2月12日(月・祝))

休館日: 毎週月曜日 (1月1日,8日,2月12日の祝日は開館)、1月4日[木]〜6日[土]は年始休館、1月9日[火]は振替休館
  
開館時間:午前9時30分〜午後5時、
(入場は閉館30分前まで)

会場:小杉放菴記念日光美術館
〒321-1431 日光市山内2388-3

TEL:0288-50-1200

観覧料:一般610円、大高生410円、中小生以下無料

*詳しくはこちらで
http://www.khmoan.jp/notice/notice_d.html?0:80

 
 
船井 美佐 のお知らせ   Funai Misa News 

只今、 損保ジャパン日本興亜美術館において開催されている「クインテットIV」に船井美佐の作品が展示されておりますので、是非ご覧下さいませ.


クインテットW

−五つ星の作家たち

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

2018年1月13日(土)〜2月18日(日)


「クインテット」(五重奏)と題して、継続的な作品発表の実績があり将来有望な女性作家たちを紹介するシリーズ企画第4弾。青木恵美子、竹中美幸、田中みぎわ、船井美佐、室井公美子の近作と新作をご紹介します。日常接する「世界」に、自らの記憶や思考を重ね、心象を混ぜながら豊かな感性で形象化された作品をお楽しみください。



会期:2018年1月13日(土)〜2月18日(日)

休館日: 月曜日(2月12、13日は開館)
  
開館時間:午前10時〜午後6時
(入場は閉館30分前まで)

観覧料:一般600円、大高生400円、中学生以下無料

会場 : 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1
損保ジャパン日本興亜本社ビル42階


詳しくはこちらで http://www.sjnk-museum.org/program/5165.html

 

パースペクティブ 展のお知らせ
  Perspective Exhibition



Perspective カタログ出版記念 の展覧会は終了いたしました。

たくさんのご来場 ありがとうございました。



Perspective Exhibition



2017.12.05(tue) - 12.16(sat)

GALERIE ANDO

1-26-23,Shoto,Shibuya-ku,T
okyo,
154-0046,JAPAN

open : 11:30 - 19:00  
closed : Sunday&Monday 




パースペクティブ 展


2017年12月05(火) - 12月16(土)


会場 : GALERIE ANDO 
ギャラリエ アンドウ


〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-26-23

tel:03-5454-2015 
mail:info@ando-tokyo.jp


open : 11:30 - 19:00

日・月曜日休廊  入場:無料

UCHIUMI SATOSHI, OMI KAZUHIDE, KUDO REIJIRO, SAKAGISHI YOSHIOU, SAKATA MINEO, SHINOHARA TAKESHI, SEKINE NAOKO, FUJITA OSAMU, FUTAKI NAOMI, HOSOI ATSUSHI, YAMAMOTO AKI

<出品作家>内海 聖史、淤見 一秀、工藤 礼二郎、
さかぎし よしおう 、坂田 峰夫、篠原 猛史、
関根 直子 藤田 修、二木直巳、細井 篤、山本 晶

 

 


淤見 一秀 のお知らせ   OMI KAZUHIDE Information

 

11月18日からうらわ美術館で開催される \ここが見どころ/ スポットライト うらわ美術館展の

第2部 「本をめぐるアートの展開」に出品いたします。是非、ご高覧下さいませ。

 

       URAWA ART MUSEUM    

うらわ美術館展

\ここが見どころ/  スポットライト

   2017.11.8(土)〜 2018.1.14(日)

  *ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*

第1部 浦和に集った画家たち
跡見泰、瑛九、奥瀬英三、金子徳衛、川村親交、小松崎邦雄、斎藤三郎、櫻井英嘉、杉全直、須田剋太、高田誠、武内鶴之助、田中実、田中保、寺内萬治郎、中野四郎、林倭衛、福原霞外、四方田草炎、和田賢一、渡邉武夫 他

第2部 本をめぐるアート
荒木高子、加納光於、河口龍夫、ピョートル・コヴァルスキー、ヴェロニカ・シェパス、淤見一秀、トゥッリオ・ダルビゾラ、藤堂良門、西村陽平、村岡三郎、山口勝弘、ロバート・ラウシェンバーグ、若林奮 他


会期:2017年11月18日(土)〜1月14日(日)
休館日: 月曜日(1月8日は開館)、1月9日、         年末年始(12月27日〜1月4日)
  開館時間:午前10時〜午後5時、土日のみ〜午後8時
(入場は閉館30分前まで)
会場:うらわ美術館              
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町二丁目5番1号 
       浦和センチュリーシティ―3階
TEL:048-827-3215 FAX:048-834-4327
観覧料:一般610円、大高生410円、中小生以下無料

URAWA ART MUSEUM 
2-Chome, Nakacho, Urawa-ku of zip 330-0062 Saitama City, 5th number 1 Urawa Century City-3rd floor

*詳しくはこちらで http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/upcoming/p053502.html

 

about  GALERIE ANDO


今年創業30周年を迎える企画画廊です。

毎月、新作の個展を中心に開催。
(1月、8月は休廊)

日本人ならではの緻密で品格の有る作品をお求めやすい価格でご紹介。

世界に1点だけのオリジナル作品を直接作家から仕入れていますのでご安心いただけます。


ギャラリエ アンドウ 安藤 のり子


http://www.ando-tokyo.jp/information/outline-2.htm
ギャラリエ アンドウ

〒150-0046  東京都渋谷区松濤1-26-23

GALERIE ANDO

1-26-23,Shoto,Shibuya-Ku,Tokyo,Japan 150-0046


Tel : 03-5454-2015  
Fax : 03-5454-2016 

http://www.ando-tokyo.jp
e-mail : info@ando-tokyo.jp
page top