index / exhibitions / artists / shopping / map / information / contact



篠原 芳子、関根 直子、船井 美佐、
北城 貴子、山本 晶 の5人展のお知らせ


ANDO SESSION 11

5人展

篠原 芳子、関根 直子、

船井 美佐、
北城 貴子、山本 晶

2019年6月21日(金)〜7月13日(土) 

ギャラリエ アンドウ

2019年06月21日(金)〜 07月13日(土)

OPEN 11:30 – 19:00
( 金曜のみ11: 30 - 20 : 00 )

休廊 :日曜日、月曜日


会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23

  
 
TEL  03-5454-2015   

mail   info@ando-tokyo.jp

 ■
入場  無料 

 

篠原 猛史展のお知らせ

SHINOHARA TAKESHI EXHIBITION

-continuous image-n°01-

篠原 猛史展

「持続するイメージ」


2019.05.17(fri)-06.01(sat)



 2019年05月17日(金)〜 06月01日(土)


OPEN 11:30 – 19:00
( 金曜のみ11: 30 - 20 : 00 )

休廊 :日曜日、月曜日


会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23

  
 
TEL  03-5454-2015   

mail   info@ando-tokyo.jp

 ■
入場  無料 

 

間島 秀徳
展のお知らせ

間島 秀徳

アース・ダイビング−Earth Diving−

 

2019年4月6日(土)〜6月30日(日) 



八ヶ岳美術館


●トークイベント

「行為/空間/身体 間島秀徳の絵画キネシスkinesisの現在」

日 時:4月27日(土) 13:30〜15:00
会 場:八ヶ岳美術館 企画展示室
登壇者:本江邦夫(美術評論家)
    田中正史(長野県信濃美術館学芸課長)
    間島秀徳(日本画家・信州大学教授)
参加費:無料(要入館料)
内 容:現代芸術の第一線で活躍する美術評論家と学芸
    員と制作者がともに間島秀徳の芸術について語
    りあいます。

●絵画ワークショップ

「水墨と色彩でひろがる世界―大きな紙に描いてみよう」
日 時:4月28日(日)13:00〜16:00
会 場:八ヶ岳美術館 屋外
講 師:間島秀徳
参加費:300円(入館料別途)
定 員:20名・予約優先
内 容:大画面に迫力のある水の流れを描いてきた間
    島秀徳を講師に、大きなロール紙に墨と絵の
    具で描きます。完成した作品の一部を持ち帰
    ることができます。

八ヶ岳美術館では、4月6日から6月30日まで、企画展「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」を開催いたします。
  2015年から信州大学で教鞭をとる間島秀徳は、その制作活動初期から「現代」に挑戦、対決する姿勢を一貫して保ち、1980年代より現代日本画の旗手として注目されてきました。90年代からは、和紙を水に浸し、画面上を流れる水と色材がかたちづくる痕跡である水紋を重ねて、壮大な水景を感じさせる抽象絵画を描いています。本展では、八ヶ岳山麓から諏訪湖までを一望する高地に想を得て制作した新作に加え、柱状の支持体を使った作品や近作のシリーズを紹介いたします。間島が追求してきたキネシス(流転しつづけるもの)の絵画空間の躍動と、自然環境と村野藤吾建築の空間との響きあいが織りなすサイトスペシフィックな共鳴をお楽しみください。

会期:2019年4月6日 (土) 〜 6月30日 (日)

会場:八ヶ岳美術館

〒391-0100 長野県諏訪郡原村 諏訪郡原村17217-1611
  
OPEN:9:00〜17:00(最終入館16:30

休館日 :  会期中無休


観覧料:高校生以上510円 小学生250円

詳しくはこちらを是非ご覧くださいませ。

▼▼▼

http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/

 

ギャラリエ アンドウ コレクション展のお知らせ






 2019年3月22日(金)〜 4月13日(土)

OPEN 11:30 – 19:00
( 金曜のみ11: 30 - 20 : 00 )

休廊 :日曜日、月曜日


会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23

  
 
TEL  03-5454-2015   

mail   info@ando-tokyo.jp

 ■
入場  無料 


ANDO SESSION 10

3人展 

関根 直子、内海 聖史、

さかぎし よしおう


平成最後の企画展は活躍中の3作家の展覧会です。

旧作を含め、未発表の作品も出品いたしますので、

ぜひお見逃しのないようお越しくださいませ。

*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*

VOCA展と同時開催で、上野の森美術館の
別館ギャラリーにおいて
内海 聖史の個展「やわらかな絵画」を開催いたします。

http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=917346

*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*

■ 東京都現代美術館のリニューアル・オープン記念展  MOTコレクション 「ただいま/はじめまして」
さかぎし よしおうと関根 直子の収蔵作品も紹介されます。

http://www.mot-art-museum.jp/renewal2019/


下段でご案内しております





ANDO SSION 10

 

The Joint Exhibition of

 SEKINE NAOKO

UCHIUMI SATOSHI

SAKAGISHI YOSHIOU


2019 March 22 (fri) - April 13 (Saturday)

 

OPEN 11: 30 - 19: 00
(open 11:30-20:00 only on Friday)

Venue: Galerie Ando

  1-26-23 Shoto Shibu-ku Tokyo Japan

TEL +81-3-5454-2015

mail info@ando-tokyo.jp

Admission free


 

This year we will open 11:30-20: 00 only on Friday.

 


内海 聖史 上野の森美術館別館ギャラリーで個展

 

上野の森美術館の別館ギャラリーにおいて

VOCA展と同じ期間3月14日〜30日まで

内海聖史展 ーやわらかな絵画ー が開催されます。

こちらは入場無料になっておりますので

どんな展示になっているのか、是非お立ち寄りくださいませ。

 

2019年3月18日(月)15時〜アーティストトークが開催されますので、お時間のある方は是非お出かけくださいませ。

http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=917346


上野の森美術館 別館ギャラリー


内海聖史展

ーやわらかな絵画ー

Fluid Limits

会期:3月14日 (木) 〜 3月30日 (土)

*3月21日(木祝)は13:00開館

会場:上野の森美術館 別館ギャラリー

110-0007 東京都台東区上野公園 1-2

  
OPEN:10:00〜18:00
*最終入場閉館30分前まで


観覧料:無料

詳しくはこちらを是非ご覧下さいませ。

▼▼▼

http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=917346

 

Ueno Royal Museum

UCHIUMI SATOSHI

ー Fluid Limits ー

概要



上野の森美術館 別館ギャラリーでは

2005年にVOCA展に出品した

内海聖史(1977年生まれ)の個展を開催します。


筆や綿棒を用いて描いたドット作品を、

絵画の枠組みにとらわれることなく、

展示空間に合わせて変幻自在に展示します。


上野の森美術館ギャラリーの会場に

どのように展示されるのか期待が高まります。

 

主催:公益財団法人日本美術協会 上野の森美術館

 

さかぎし よしおう、関根 直子のお知らせ


3月29日から東京都現代美術館のリニューアル・

オープン記念展が開催されます。

さかぎしよしおうと関根 直子の収蔵作品が

コレクション展「ただいま/はじめまして」でごご覧いただけます。

3月29日の入場無料&夜間開館、和太鼓の生演奏など

いろいろなイベントも開催予定です。

是非この機会をお見逃しのないよう、足をお運びくださいませ。

 

 

 


東京都現代美術館

リニューアル・オープン記念展

MOTコレクション「ただいま/はじめまして」

会期:2019年3月29日(金) − 6月16日(日)

休館日: 毎週月曜日

(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日

OPEN:10:00〜18:00

会場:東京都現代美術館

コレクション展示室1F、3F 

〒136-0022 東京都江東区三好4-1-1

観覧料:コレクション展

一般500円(400円)/大学生・専門学校生400円(320円)/高校生・65歳以上250円(200円)/中学生以下無料

詳しくはこちらを是非ご覧下さいませ。

▼▼▼

http://www.mot-art-museum.jp/renewal2019/

 

東京都現代美術館は、諸設備の改修と利便性の

向上を図るためおよそ3年にわたる休館を経て、

より開かれた美術館を目指し2019年3月29日に

リニューアル・オープンを迎えることとなりました。

当館ではリニューアル・オープンを記念して、

企画展示室とコレクション展示室において

2つの展覧会を企画し、美術館全館で

当館コレクションを大規模にご紹介します。

リニューアル・オープン初日の3月29日は

入場無料とし、 20時まで開館時間を延長します。

会期中には、リニューアル・オープン

記念イベントも開催します。

 

篠原猛史ワークショップのお知らせ  (終了いたしました)


2019年1月12日(土)東京大学大学院教育学研究科 岡田 猛 研究室による


篠原 猛史
のワークショップが開催されます。

作品を鑑賞し、そこから感じ
新しい表現を探ります。
美術作品を見ることが好き、でも自分で作ることは
あまりないという方、どなたでも大歓迎です。


空飛ぶウサギに乗ってみるかい?

 日時:1月12日(午後1時から4時終了予定)

                             ■ 場所:東京大学本郷キャンパス 教育学部棟 地下 056 号室

■ 要申込(参加無料)汚れてもよい服装でご参加ください。

■ 参加定員 10名 事前申込み必要(先着順、定員になり次第終了) 

■ お申し込み先:https://goo.gl/forms/Evnh45eehdb50MM83


主催:東京大学大学院教育学研究科 岡田猛研究室

後援:公益財団法人 石橋財団

 

フレキシブル アート展のお知らせ
 (終了いたしました)


フレキシブルアート

 2018年11月06日(火)〜 11月17日(土)

■ OPEN 11:30 – 19:00

■ 会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23
  
            
■ TEL  03-5454-2015   

■ mail   info@ando-tokyo.jp

 ■ 入場  無料 
     

 

さかぎし よしおう のお知らせ
(終了いたしました)


ギャラリー册


「白と白―手技(アルス)の深層U ゲーテの手」
 


「 さかぎしよしおう VS 徳丸鏡子 二人展 」



会期:11月7日(水)− 12月8日(土)


キュレーター : 新見隆




会期:11月7日(水)−12月8日(土)

定休日: 日曜日、月曜日、祝日
  
OPEN:10:30〜19:00

会場:ギャラリー册

〒102-0074東京都千代田区九段南2-1-17
パークマンション千鳥ヶ淵1F

TEL:03−3221−4220

観覧料:無料

詳しくはこちらを是非ご覧下さいませ。

▼▼▼

http://www.satsu.jp

 


さかぎし よしおう 展 のお知らせ
(終了いたしました。たくさんの方にお越しいただき、
ありがとうございました。) 

 
さかぎし よしおう 展

 2018年11月06日(火)〜 11月17日(土)

■ OPEN 11:30 – 19:00

■ 会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23
  
            
■ TEL  03-5454-2015   

■ mail   info@ando-tokyo.jp

 ■ 入場  無料 
     

 

藤田 修 のお知らせ
 (終了いたしました)


今月の28日(日)まで岩崎ミュージアムで開催されている「秋の図書館」に 藤田 修 が出品しております。

新しい試みの本を制作いたしましたので、是非!ご覧下さい。


< 出品作家 >

東逸子 岩切裕子 柄澤齊 木下恵介 木村繁之
田中彰 田沼利規 中村桂子 藤井敬子 藤田修
筆塚稔尚 古谷博子 安井寿磨子 横山智子 渡邊加奈子

 

岩崎ミュージアムギャラリー

「秋の図書館」


2018年9月27日〜10月28日(日)



詳しくはこちらを是非ご覧下さいませ。

▼▼▼

http://www.iwasaki.ac.jp/

 


会期:2018年9月27日〜10月28日(日)

休館日: 毎週月曜日
  
開館時間:9:40〜18:00
(入場は17:30まで)

会場:岩崎博物館(ゲーテ座記念)

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254

TEL:045-623-2111 

観覧料:一般300円、小/中学生100円、

 


Real Tokyo 内海 聖史展掲載のお知らせ (上野の森美術館 学芸員)


 

2018年の内海 聖史展の情報が RealTokyo に掲載されています。

執筆者は上野の森美術館の学芸員 岡里崇さんです。

詳しくはこちらを是非ご覧下さいませ。

▼▼▼

https://www.realtokyo.co.jp/


 

photo by Ken KATO

  
  内海 聖史 展

      「あらゆる時間」           
  

 2018年10月09日(火)〜 10月20日(土)

■ OPEN 11:30 – 19:00

■ 会場  ギャラリエ アンドウ
     
      渋谷区松濤1-26-23
  
            
■ TEL  03-5454-2015   

■ mail   info@ando-tokyo.jp

 ■ 入場  無料        

 

 


内海 聖史のお知らせ
(終了いたしました)


今年で65回目を迎える「鉄道の日」の関連行事として、10月18日から「パブリックアート普及活動特別展」では

内海聖史が招待作家として絵画とステンドグラスの作品をご紹介いたしますので、是非、ご高覧下さいませ。


■ 会場
 JR上野駅 中央改札口外グランドコンコース

■ 会期 2018年10月18日(木)〜23日(火)

■ 開場時間 9:00〜19:00

*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

村上 友晴 展のお知らせ
(終了いたしました)


2018年10月18日より目黒区美術館におきまして、「村上 友晴 展」が開催されます。

村上友晴(1938〜)は、目黒区在住の日本を代表する現代作家、

独自の世界を貫くその姿勢から生まれた静謐な絵画に対して、

昨今国際的評価がさらに高まっています。

貴重な都内での美術館の個展です。お見逃しの無いよう是非、お運び下さいませ。





村上 友晴 展

 
MURAKAMI TOMOHARU Exhibition


- illuminated -

ひかり、降りそそぐ

2018.10.13(sat) - 12.06(thu)


目黒区美術館

 


 ■ 期間  2018年10月13日〜12月06日                  
OPEN 11:30 – 19:00   

会場  目黒区美術館       
     
      東京都目黒区目黒2-4-36   

休館  月曜日          
         
観覧料 一般 ¥ 800      
      高大生・65歳以上¥600      

TEL  03 - 3714 - 1201     

    

詳しくはこちら www.mmat.jp             

 



関根 直子 のお知らせ
 (終了いたしました)
 


只今,大規模改修工事中の東京都現代美術館のホームページに関根 直子のインタビューが動画で紹介されています。

線の仕事を始めたきっかけ等など,興味深い内容になっておりますので,是非ご覧下さいませ。

今年の4月に弊廊で開催された関根 直子展で展示した作品も一部ご覧いただけます。

関根直子の他に冨井大裕さん、毛利悠子さん、棚田康司さん、石田尚志さんのインタビューも同時にご覧いただけたらと思います。


http://www.mot-art-museum.jp/news/2018/04/post-170.html

 

 

 



下角 宗範 のお知らせ
(終了いたしました)

第15回  特別記念KAJIMA

彫刻コンクール入選作品展



3月23日まで開催されました。

下角 宗範も入選いたしました。

SCULPTUREN

ARCHITECTURE

& SPACE

テーマ 彫刻・建築・空間


■ 会場 鹿島KIビル・アトリウム
東京都港区赤坂6-5-30
(千代田線赤坂駅6出口より徒歩2分)

■ OPEN 10:00〜17:00

■ 休館 日曜日, 祝日(土曜日も開催)

 

詳しくは https://www.kajima.co.jp/

 


         藤田 修 のお知らせ
  (終了いたしました) Fujita Osamu News 

 


現在横須賀美術館にて「横須賀のアーティスト」と言う括りで所蔵品による展覧会を4月1日まで開催.

その関連イベントの一つとして、2月12日に版画家の磯見輝夫さんと藤田 修の対談がありました。



詳しくはこちらで
http://japan.siguez.com/yokosuka-shi//?w6mar9pem2

http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/josetu/sho1705.html


対談 
(終了いたしました)

「版画家・磯見輝夫 x 藤田修」 

横須賀のアーティスト

2月12日(月・祝)14;00 -16;00

ーーーーーーーーーーーーーーーー


定員 70名

参加料 無料
 
※ただし、参加には所蔵品展観覧券が必要です。

参加方法 当日先着制 

 


横須賀美術館

平成29年度第4期所蔵品展

特集:横須賀のアーティスト


期間:2017年12月23日〜2018年4月1日

会場;横須賀美術館

〒239-0813神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
電話 046−845-1211(代表)

開館時間 10時〜18時

休館日 毎月第1月曜日

観覧料:一般 310円、高校生・大学生
・65歳以上の方 210円、中学生以下無料


 

        二木 直巳 のお知らせ   (終了いたしました)Futaki Naomi News 


2014年に二木直巳の個展を開催した小杉放庵記念日光美術館で2月17日から「1950年代から現代へ」と題しまして、

二木を含め総勢40名以上の作家による風景の展覧会です.



コレクションの20年I 風景画いろいろ (終了いたしました)

小杉放菴記念日光美術館

2018年1月1日[月・祝]〜2月12日[月・祝]



本展は、「日光の社寺を描いた水彩画」「小杉放菴の風景画」「国立公園絵画」の

3つのコレクションを軸に、洋画・日本画、さらには真景図・山水図と、

ジャンルを超えて描かれた近代日本の風景画を、日光と小杉放菴を起点に紹介します。




会期:2018年1月1日〜2月12日

■休館日: 毎週月曜日
  
開館時間:午前9時30分〜午後5時、
(入場は閉館30分前まで)

会場:小杉放菴記念日光美術館

〒321-1431 日光市山内2388-3

TEL:0288-50-1200

観覧料:一般720円、大学生510円、

高校生以下無料

*詳しくはこちらで
http://www.khmoan.jp/notice

 
船井 美佐 のお知らせws (終了いたしました)

損保ジャパン日本興亜美術館において開催されました「クインテットIV」に船井美佐の作品が展示されました。


クインテットW

(終了いたしました)

−五つ星の作家たち

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

2018年1月13日(土)〜2月18日(日)


「クインテット」(五重奏)と題して、継続的な作品発表の実績があり将来有望な女性作家たちを紹介するシリーズ企画第4弾。青木恵美子、竹中美幸、田中みぎわ、船井美佐、室井公美子の近作と新作をご紹介します。日常接する「世界」に、自らの記憶や思考を重ね、心象を混ぜながら豊かな感性で形象化された作品をお楽しみください。



会期:2018年1月13日(土)〜2月18日(日)

休館日: 月曜日(2月12、13日は開館)
  
開館時間:午前10時〜午後6時
(入場は閉館30分前まで)

観覧料:一般600円、大高生400円、中学生以下無料

会場 : 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1
損保ジャパン日本興亜本社ビル42階


詳しくはこちらで http://www.sjnk-museum.org/program/5165.html

 

パースペクティブ 展のお知らせ
  Perspective Exhibition
(終了いたしました)


Perspective カタログ出版記念 の展覧会は終了いたしました。

たくさんのご来場 ありがとうございました。



Perspective Exhibition



2017.12.05(tue) - 12.16(sat)

GALERIE ANDO

1-26-23,Shoto,Shibuya-ku,T
okyo,
154-0046,JAPAN

open : 11:30 - 19:00  

closed : Sunday&Monday 




パースペクティブ 展


2017年12月05(火) - 12月16(土)


会場 : GALERIE ANDO 

ギャラリエ アンドウ


〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-26-23

tel:03-5454-2015 

mail:info@ando-tokyo.jp


open : 11:30 - 19:00

日・月曜日休廊  

入場:無料

<ARTISTS>
UCHIUMI SATOSHI, OMI KAZUHIDE, KUDO REIJIRO, SAKAGISHI YOSHIOU, SAKATA MINEO, SHINOHARA TAKESHI, SEKINE NAOKO, FUJITA OSAMU, FUTAKI NAOMI, HOSOI ATSUSHI, YAMAMOTO AKI

<出品作家>

内海 聖史、淤見 一秀、工藤 礼二郎、
さかぎし よしおう 、坂田 峰夫、篠原 猛史、
関根 直子 藤田 修、二木直巳、細井 篤、山本 晶

 

 


淤見 一秀 のお知らせ   E Information (終了いたしました)

 

11月18日からうらわ美術館で開催される \ここが見どころ/ スポットライト うらわ美術館展の

第2部 「本をめぐるアートの展開」に出品。(終了いたしました)

 

      
URAWA ART MUSEUM

うらわ美術館展

\ここが見どころ/  スポットライト

   2017.11.8(土)〜 2018.1.14(日)

 

第1部 浦和に集った画家たち

跡見泰、瑛九、奥瀬英三、金子徳衛、川村親交、小松崎邦雄、斎藤三郎、櫻井英嘉、杉全直、須田剋太、高田誠、武内鶴之助、田中実、田中保、寺内萬治郎、中野四郎、林倭衛、福原霞外、四方田草炎、和田賢一、渡邉武夫 他

第2部 本をめぐるアート

荒木高子、加納光於、河口龍夫、ピョートル・コヴァルスキー、ヴェロニカ・シェパス、淤見一秀、トゥッリオ・ダルビゾラ、藤堂良門、西村陽平、村岡三郎、山口勝弘、ロバート・ラウシェンバーグ、若林奮 他



会期:2017年11月18日(土)〜1月14日(日)

休館日: 月曜日(1月8日は開館)、1月9日、         年末年始(12月27日〜1月4日)
  開館時間:午前10時〜午後5時、土日のみ〜午後8時
(入場は閉館30分前まで)

会場:うらわ美術館              

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町二丁目5番1号 
       浦和センチュリーシティ―3階

TEL:048-827-3215 FAX:048-834-4327

観覧料:一般610円、大高生410円、中小生以下無料

URAWA ART MUSEUM 
2-Chome, Nakacho, Urawa-ku of zip 330-0062 Saitama City, 5th number 1 Urawa Century City-3rd floor

*詳しくはこちらで http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/upcoming/p053502.html

 

about  GALERIE ANDO


1987年創業、1995年世田谷から渋谷に移転。Bunkamuraと松濤美術館の中間に位置する現代アートの企画画廊。関根 直子、内海 聖史、さかぎしよしおう、二木 直巳、藤田 修、篠原 猛史、土屋 公雄、村上 友晴、岡崎 和郎など若手から重鎮まで幅広く取扱い。新作の企画展を250本以上開催。天井、壁、床と真っ白な空間は小さなスペースながらも作家の実験的な作品、展示を喚起し、作家が作品濃度の高さを維持することで、アートファンの支持を得てきた。新人作家の発掘とさらなる現代アートファンの拡充を目指している。

ギャラリエ アンドウ 安藤 のり子


http://www.ando-tokyo.jp/outline-2.htm

ギャラリエ アンドウ

〒150-0046  東京都渋谷区松濤1-26-23

GALERIE ANDO

1-26-23,Shoto,Shibuya-Ku,Tokyo,Japan 150-0046


Tel : 03-5454-2015  
Fax : 03-5454-2016 

http://www.ando-tokyo.jp
e-mail : info@ando-tokyo.jp


■ 画廊概要はこちら http://www.ando-/outline
page top